Loading...

埼玉県入間市 T様邸

埼玉県入間市にお住いのT様邸の人工芝の施工事例です。

新築の分譲地のお庭で、下地の状態は土・多少石ころが転がっている状態でした。

土の状態がふっくらと柔らかい状態だった為、砕石を多めに入れしっかりした地盤作りを心掛けました。

設置した人工芝は、弊社一番人気のSターフ30mmとなりました。

それではBefore・Afterを比べてみてください。

こちらの画像は、画像真ん中の矢印を左右に動かすと施工の前後が比較イメージができます。

 

まずは、レベル計を使って地面の高さをチェックしています。

 

雑草や大きな石を撤去し、おおまかに高さ調整をしてから転圧機を使って一旦地面を固めます。

 

一度目の転圧をかけた後に、しっかりした地盤を作る為、砕石入れている場面です。

弊社では下地の状態によって、下地材を使い分けています。路盤材・砂・砕石など場面場面によって異なります。

今回は、砕石+砂の組み合わせで行わせていただきました。

 

砕石を入れた後に2度目の転圧をかけ、細かな不陸調整を砂で行いました。

その後、高機能防草シートを設置しました。

その上に当店一番人気の人工芝Sターフ30mmを設置しました。

※作業に集中してしまい、作業途中の写真を撮り忘れてしまいました。

 

 

今回は、作業終了後に今後の励みになる大変うれしいメールもいただきました。

今後とも皆様に喜んで頂けるように技術を磨き精一杯頑張らせていただきます。

T様、今回御注文いただき誠にありがとうございました。

 

このページのトップへ移動