Loading...

 

 

 

人工芝を自分でDIYする施工方法

御見積りに行くと御客様から、「自分でも人工芝を張れますか?」と質問されることが度々ございます。人工芝職人のように綺麗に仕上げる事は難しいかもしれませんが、ご自宅のお庭等をお客様御自身で設置施工することは可能だと思います。DIYすることで、費用を抑えるメリットやお庭へより愛着が生まれてくることと思います。ただ、大きな施工面積になればなるほど難易度が上がってきますので御注意下さい。施工する際は、家族・御友人などに協力をお願いすることを提案致します。人工芝は、意外に重たいので最低でも2人以上で施工して下さい。通常一般的なお庭であれば、我々人工芝業者は短期間(1日~2日程度)で施工完了いたしますが、DIYする際は無理せずじっくりと仕上げていくことをお勧めいたします。弊社のお客様でも、ご自分で施工に挑戦する方も多くいらっしゃいます。ここでは、DIY用に人工芝の施工方法を記載させていただきます。

 

◎下準備から始めよう!

人工芝を張る際は下準備がとっても大事です!こんな庭・ベランダ・屋上にしたいと、イメージを膨らませて下さい。まずは配置図を作成しましょう。設置場所を計測して図面を描いてみましょう。面倒でも詳細に計画することが上手く人工芝を張るコツです!さらに人工芝の割付・レイアウトなどしておくと一番効率よく敷けるポイントがわかります。レイアウトをすることで、必要な材料やどのように人工芝をカットすれば良いかなど事前に施工するイメージも頭に浮かんできます。配置図を元に、必要な材料をチェック。主な材料は、人工芝・防草シート・U字クギ・接着剤等です。施工資材は、失敗なども考慮して多めにご用意することをおすすめします。その他、人工芝施工には様々な道具が必要です。必要な道具は、後ほど記載させていただきます。

◎いざ人工芝を張ろう!

  1. まずは、整地から・・・
    大まかに言うと、雑草抜きと石の除去を行います。雑草の根っこは、極力になくして下さい。 枯葉やゴミもなくなったら、地面を平らにして転圧することをおすすめします。平らにする際は、 トンボ等で地面をならしてください。 地面に凹凸がある場所では、砂等を敷いて高さを調整します。
  2.  防草シートの設置
    人工芝だけでは、いずれ雑草が生えてきてしまうかもしれません。人工芝のマットには、水抜き穴が空いているので、隙間から雑草が生えてきてしまいます。 メンテナンスフリーな人工芝のお庭を長い間維持する為にも、防草シートを併用することをおすすめいたします。 防草シートの種類は豊富ですが、防草機能の高いモデルを選びましょう。シートのつなぎ目は10cm程度重ねて留めてください。
  3. 人工芝の施工前準備
    事前に作成した配置図を参考に、仮置きします。まずは用意した人工芝を広げて割付してみましょう。
    人工芝には、芝目があるので複数枚使用する場合は、芝生の目の方向を揃えましょう。芝目が同じ方向を向くことで、 まるで天然芝のような綺麗で美しい仕上がりとなります。
    レイアウトどうり設置した後、隅々を丁寧にカットしていきます。 切りすぎると大変なので少しずつ長め長めに切っていくことをお勧めします。人工芝の基布は若干厚めですが、ハサミやカッターで切ることが出来ます。万が一、予定より切りすぎてしまった場合は、継ぎ接ぎなどで対応します。
    人工芝を複数枚つなげる場合は、人工芝の継ぎ目の部分を合わせ、違和感のない自然な仕上がりになるよう間隔を調整して下さい。つなぎ目には、専用のボンドやジョイントテープで固定します。
    継ぎ目が重なってしまったり広い隙間があるとつなぎ目が目立ってしったり、隙間にゴミ等が溜まってしまいます。
  4. 人工芝を固定
    設置が終わったら、トンカチを使ってU字ピンを打ち地面と固定します。綺麗に固定するコツは、ピンに人工芝の葉を巻きこまないように固定することです。
    U字クギは 約20cm~30cm程度の 間隔で止めて下さい。
  5. 仕上げ
    人工芝全体を見渡し、見栄えが良くなるように調整して下さい。地面にデコボコがある場合は、人工芝の上から硬いもので叩いたり踏んだりして最後の調整! 特に人工芝のつなぎ目などに接着剤を使用した場合は、接着部分に浮きがないかなどチェックしてみて下さい。接着直後は重しなどを乗っけておくとよいと思います。

 

人工芝施工をする際に、必要な道具やあると便利な道具を記載させていただきます。

  • 人工芝(芝人の人工芝 Sターフ30mmがおすすめです!)
  • 防草シート(防草シートを人工芝の下に敷くと、雑草が生えにくくなります!*高機能なモデルをおすすめします)
  • 山砂・川砂など(下地の凸凹調整に使用します)
  • 珪砂(仕上げに使用する場合があります)
  • 定規等(マジックで直線を書いたりします)
  • スコップ
  • 小さいスコップ
  • トンカチ
  • カッター(人工芝をカットする際に使います。刃の大きいものが良いです)
  • ハサミ
  • 養生テープ(剝がすのが簡単なガムテープ)
  • ガムテープ・布テープ
  • 重しになるもの(大きめの石等)
  • 油性マジック
  • ジョイントテープ(片面の粘着テープ)
  • U字釘 etc・・・

施工する条件等が異なるので、施工をシュミレーションして必要な物をご用意下さい。

 

 

このページのトップへ移動